酵素や黒酢を試してみたい人はまずは口コミサイトをチェック

目に良いビタミン

シニア男性

どんな働きをするのか

パソコンなどのモニターを見続けると、目の疲れを感じることがよくあります。こんな時には、視線を外して遠くの方をみたり、まばたきを意識的に行ったりするなど、マッサージが目の疲れ解消に有効です。また、目に良いビタミンを多く含む食事を摂るのも大切ですし、食事から十分摂れない時には、サプリメントや目薬などを利用しても良いでしょう。ところで、目の健康に効果的なビタミンには、種類がたくさんあります。例えば、ビタミンAは、涙の量を調整する働きがあって、主に目の表面を潤す働きがあります。ビタミンA以外の効果は、Bは視神経の働きを助けますし、Cは水晶体の濁りを防ぐ働きが、Eは目の血行を良くします。それでは、これらのビタミンは、どんな食品に含まれているかみてみましょう。

目に良い食品とは

目の疲れの解消に効果的な食品には、レバーやうなぎ、青魚類などの動物性のものから、にんじんやブロッコリー、小松菜、いちごなどの植物性のものまであります。これらには、上記のビタミンが豊富に含まれていますので、毎日の食事から摂りたいものです。目に良い食べ物として最も有名なのはベリー類で、これに含まれるアントシアニンという物質が、目の疲れの解消などに効きます。中でもブルーベリーなどはジャムなどの食品以外にサプリメントとしても製品化されています。この他にも目の疲れを解消するのに、黒酢やにんにくも効果があります。黒酢は、血行を良くしますので、目の中の細い血管の血のめぐりを良くして、目の疲れを解消します。にんにくも血行をよくしますし、ある種のビタミンの働きを活性化する効果もあります。